ワークショップ

【idenshi195の“言葉の楽譜”】
声の可能性を信じ、朗読劇ならではの表現を模索し続け、2011年に言葉の楽譜は完成しました。
「朗読なのに映像が視える」
この技術を多くの語り手にシェアしたい。
これがワークショップを始めた動機です。

年平均3~4回、季節毎にテーマを変えたワークショップを開催。
対象は各回によって異なりますので、応募詳細をお確かめください。‬


【次回開催】
2019冬の朗読ワークショップ

『日本語の美しさを奏でる
〜俳優は消耗品ではないからこそ基礎を磨こう〜』


【過去のWS】