【idenshi195の“言葉の楽譜”】

俳優の声の可能性を信じ、聴覚と皮膚感覚を通じ、観客の想像力にアプローチする朗読劇。
舞台空間だからこそ生きる朗読表現を模索し続け、2011年に[言葉の楽譜]は完成しました。

「朗読なのに映像が視える」
「脳で見るVR」
これまでの公演でいただいた多くの驚きの声が、現在のidenshi195を支えています。
俳優の声と生身の存在感で、観客の脳に映像を投影する[朗読キネマ]、この表現を未来に残すためには、無音さえも支配できる確かな技術と表現力をもった俳優と出会う必要があります。
キャリアのある俳優も、デビューしたての俳優も[言葉の楽譜]の前においては新人です。

「ワークショップは未来の出演者と出会う旅」
楽譜を奏でる上で必要な技術と表現を、より多くの俳優にシェアすべく、
年平均3~4回、季節毎にテーマを変えたワークショップを開催。
優秀者は今後の公演の出演オファーの可能性があります。

内容・参加資格は企画ごとに異なります。
各画像をクリックし、募集概要をお確かめください。‬


【次回】

詳細は画像をクリックしてください

▼特別企画▼


【過去のWS】

〈2021年〉

〈2020年 – 開催中止 -〉

〈2019年〉

 

 

 

〈2018年〉

-TWITTER-