2019冬の朗読WS『日本語の美しさを奏でる 〜俳優は消耗品ではないからこそ基礎を磨こう〜』

 

2019冬の朗読ワークショップ開催決定!
『日本語の美しさを奏でる
〜俳優は消耗品ではないからこそ基礎を磨こう〜』

声の可能性を信じ、朗読劇ならではの表現を模索し続け、2011年に言葉の楽譜は完成した。
「朗読なのに映像が視える」
この技術を多くの語り手にシェアしたい。
これがワークショップ開催の動機である。‬

 

‪日本人の細胞に染みついた心地よい韻律。
これを生かすことが「耳に飽きない朗読」に繋がる。
和歌、謡、俳句、詩歌、流行曲、すべてにヒントがある。
宝生流 和の会主催公演『朗読能シアター』に携わった際に確信した。
そして、それが現代劇であっても、その韻律を保ち作り続けたいと思った。‬

 

‪語り手には日本語を美しく発話して欲しい。
だが、悲しいかな現在それを体現できる俳優は限られている。語尾が消える、伸びる、息によって濁る。
俳優のエゴと役の感情任せでセリフを力業で押し通してしまう者が散見される。日本語を丁寧に扱うスキルが、元々備わっているにも関わらず、である。‬

 

‪俳優は消耗品ではない。
英国演劇では基礎として「癖をとる」ことを求められる。
身体的にニュートラルであることが、多彩な役を演じられることに繋がるからだろう。
息の長い俳優で在るには当然だ。日本は俳優自身のキャラクター性に頼りすぎるあまり、技術を重要視する現場が少ないように感じる。‬

‪‪技術を磨く時間も与えられず、若さと美貌(それも大切な才能のひとつであるが)を消費された末に使い棄てられていく若い俳優を見ていると、他人事ながら悔しくなる。才能と志のある者は、経済のオモチャにされることなく、確かな技術と表現力を身につけ、ぜひ生き残って欲しい。‬

私は声の可能性を信じている。idenshi195では、確かな技術と表現力を以って、己の存在感のみで空間を支配し「声の力で映像を視せる」ことを語り手に求めている。あなたがその体現者になってくれたら、これほど嬉しいことはない。


idenshi195  高橋郁子


■idenshi195紹介■
idenshi195 とは、アニメ『モノノ怪』『青の祓魔師』『スタミュ』などを手がけた脚本家、
高橋郁子による朗読劇ユニットです。
朗読劇に特化した「言葉の楽譜」なる脚本と、語り手の「声」に宿る力を最大限に生かす演出で、過去には文化放送主催公演『潮騒の祈り』、『朗読 原爆詩集』、能の演目を現代語の朗読劇にアレンジした和の会主催公演『朗読能シアター』などで好評を得てきました。
(和の会主催公演は個人の仕事として脚本演出を請け負ったものです)
2018年11月に綾辻行人の原作の小説「眼球綺譚/再生」を朗読劇にして上演。


言葉の楽譜を奏でた主な方々(五十音・敬称略)
紅日毬子・生田輝・甲斐田裕子・陰山真寿美・河合龍之介・祁答院雄貴・KENN・こもだまり・沢城みゆき・鈴木彰紀・津田健次郎・東野醒子・春名風花・柊瑠美・平田広明・槙尾ユウスケ・美斉津恵友・遊佐浩二・渡辺大輔


ここから先は、参加を希望される方の専用フォームとなります。
見学を希望される方は →こちら

2019冬の朗読ワークショップ
『日本語の美しさを奏でる
〜俳優は消耗品ではないからこそ基礎を磨こう〜』

■開催日時:
技術編 2月03日(日)
表現編 2月16日(土)
■時間:タイムスケジュールをご確認ください
■場所:都内(参加者にのみお伝えします)
■費用:8,500円(テキスト、場所代含む)
■題材:朗読能『船弁慶』

■タイムスケジュール及び、ワーク内容
【基礎技術編】
講師:山下亜矢香
日程:2月3日(日)
時間:
A組 12:00-15:00
B組 16:30-19:30
ABは同内容。
※最低催行人数 ①②合わせて9名

・言葉の楽譜を奏でる基本要素の説明
・言葉の楽譜を奏でるために必要な、姿勢・発声基礎
・自身の「いい声」を知る
・声の可能性を探求
※参加者それぞれに適した技術をシェアします

【表現編】
講師:高橋郁子
日程:2月16日(土)16:30-19:00
資格:基礎編受講者かつ表現編に進めると認められた者
(参加費の追加徴収はありません)

・言葉の楽譜の分析
・共演者と感覚で繋がるワーク
・実践(公演稽古同様の演出をつけて1シーンを実際につくりあげます)

◆参加条件
・心身ともに健康な俳優・声優
・既存の「朗読」の概念から自由になれる方
・「自分の語りによって観客の心を震わせるのだ」また「その表現を掴むのだ」等、表現者としての自覚及び明確な目的がある方
※劇団・事務所に所属の方、及び未成年の方は、それぞれ事前に許可を取った上でお申し込みください。
※優秀者は今後、出演のオファーをさせていただく可能性があります。

◆申込方法
下記フォームよりお申込み下さい。

受付〆切:2019年1月29日(火)23時59分 

氏名 (フルネーム)

フリガナ (フルネーム)

参加希望時間
①2月3日(日)A組 12:00-15:00②2月3日(日)B組 16:30-19:30

電話番号

Emailアドレス

年齢

これまでの活動歴

所属事務所や劇団等(あれば)

画像(バストアップ)※1MB以内、jpg

画像(全身)※1MB以内、jpg

言葉の楽譜による朗読劇の観劇経験の有無

ワークショップを知ったきっかけ

参加の動機

※技術編B組、及び表現編 終了後に懇親会を予定しております。(会費 500〜1000円)参加可否をご記入ください。

ワークショップへの参加につきましては、1/12(土)より順次ご連絡いたします。
それ以降にお申込みをされた方は、2日以内にご連絡いたします。
info★idenshi195.com からのメールを受信できるようにしてください。

万一連絡がない場合は正しく送信ができていない可能性がございます。
その際は下記メールまで直接ご連絡下さい。
info★idenshi195.com(★→@に変更してください)