新型コロナウイルス感染症への対策につきまして(3/29追記あり)

4月1日(水)~4日(土)に上演を控えております、朗読キネマ『葵上』は主宰及び制作部における慎重な協議の上、[開催]の方針で公演準備を進めております。

現在、キャスト・スタッフ共に感染症の疑いがある者はおりません。
また、会場となります両国門天ホールは、60席に満たない小ホールです。本作上演時は客席の上限を40席程度に抑え、ゆとりをもってお客様をお迎えいたします。

上演にあたり、新型コロナウイルス感染症拡大のリスクを低減する観点から、またお客様に少しでも安心してご観劇いただけるよう、以下に対策をまとめましたのでご一読ください。

 

【公演期間中の感染予防策への取り組み】
■キャスト、スタッフともに、こまめな手洗いとうがい、消毒用アルコール等による手指の消毒・除菌を励行いたします。

■受付、場内スタッフのマスク着用を徹底いたします。

■ステージの前後には扉を開け、外気の取り込みを行い、換気の最大限強化に努めます。

■劇場内、ドアノブ、手すり、椅子など、手を触れる可能性がある箇所はステージ毎に消毒液を含ませた布での清掃を徹底いたします。

 

【お客様へのお願い】
■以下のお客様につきましては、観劇をお控えいただきますようお願いいたします。
・37.5度以上の発熱や咳など、風邪の症状があるお客様
・同居家族や職場、学校など身近に新型コロナウイルス感染者、もしくは感染の可能性がある方がいらっしゃるお客様

■こまめな手洗い、うがいにご協力ください。
また、受付に消毒用アルコール等を設置いたします。ご来場時の手指の消毒・除菌にご活用ください。

■マスク着用でのご来場を推奨いたします。
・お持ちでないお客様は、急な咳・くしゃみの際にはハンカチや袖で口元をおさえるなど、周りのお客様に配慮いただけますようお願いいたします。
・マスクは入手困難な状況ではございますが、idenshi195でもできうる限りの用意をさせていただきます。

■ご来場の際、体調が優れない様子が見受けられた場合は、スタッフがお声がけさせていただきます。
明らかな異変があるお客様には入場をお断りする場合がございます。

■上演中、スタッフが場内に常駐いたします。
ご観劇中に体調が悪くなった場合は、その場で手を挙げてお知らせください。

■終演後の出演者との面会は、今後の状況を鑑みて実施の可否を判断いたします。

■終演後の面会は行いません。(3月29日追加記載)

■差し入れ等は受付にてお預かりいたします。直接の受け渡しは禁止させていただきます。3月29日追加記載)

【チケットキャンセルについて】
新型コロナウイルス感染拡大の状況を考慮し、ご来場いただくことが難しいお客様につきましては、チケット代の払い戻しをさせていただきます。
詳細は、近日中にTwitter及び公式ホームページにてお知らせいたします。
先立ちまして、下記の注意事項をご一読ください。

<注意事項>
・払い戻しは、購入されたご本人様に限ります。
・半券部分のないチケットは対象外となります。半券は切り離さず、お手元にそのままお持ちください。くれぐれも紛失・破棄などなさいませんようご注意ください。
・転売やオークション等で入手されたチケット等、ご購入者様の特定ができないチケットは対応いたしかねます。
・ご購入の際の発送手数料、発券手数料等は、払い戻しの対象外となります。
・チケットを紛失された方へは、ご返金いたしかねますのでご注意ください。

 

<お問合せ>
idenshi195制作部
yoyaku.idenshi195★gmail.com(★→@に変更してください)


以上、お願いが多く大変恐縮ではございますが、ご来場の皆様が少しでも安心して観劇いただける環境作りに、ご理解いただけましたら幸いです。

なお、今後の社会情勢や行政・会場の決定に関わらず、制作部が危険と判断した場合は、やむ無く公演を中止する場合がございます。その際は速やかにTwitter及び当サイトにてお知らせいたします。


2020年3月18日
idenshi195制作部