2020年基礎探求編、開催。

政府専門家会議の提言「10人以上集まる集会の自粛」を請け、協議を重ねた結果、本ワークショップは中止いたします。

ー基礎探求編ー

【本来の声で真実性を掴もう】

新人の方には技術を補強する場として、経験を積まれてきた方には声と身体をニュートラルにする場として好評を得てきた、idenshi195の基礎編の定期ワークショップが、この3月で終了します。

「気がついた時には受付が終わっていた」
「基礎の時間がもっとほしい」
「土日もやってほしい」
という、多くのご要望を受けて、この度ワーク時間を90分から150分に拡大し、日曜日の開催が決定しました。


[言葉の楽譜]を奏でるには、「舞台俳優として」「声優として」「ナレーターとして」そのすべての技術と表現力を瞬時に切り替えていくことが求められます。
その全ての礎に俳優の「本来の声」と「真の意味の基礎力」が必要です。


志と感性がある人のために、技術を磨く場をーー。

「俳優は消耗品ではない」「だからこそ基礎を磨いてほしい」

若さだけを消費され使い捨てられていく俳優たちの姿を見て、主宰・高橋郁子は強く願っています。

朗読劇のために生み出された独自の脚本[言葉の楽譜]の奏で方も同時に知ることができるのは、当ワークショップだけです。
ご自身の声を見つめ直す場、また言葉の楽譜に触れる場として、ぜひご活用ください。

講師は、定期WSに引き続き、俳優(声優)でありボイスチューナーの山下亜矢香が担当。
テキストの題材は、2020年11月に上演が決定している『船弁慶より。
高橋郁子が脚本演出を務めた宝生流和の会主催公演『朗読能シアター 船弁慶』で使用した台本から、本ワークショップ用に改稿した一場面を使用します。

次回開催は未定です。
この機会をぜひご活用ください。

★これまでの参加者の感想まとめはこちら


■講師:山下亜矢香■

株式会社 アーツビジョン所属
1999年、青二プロダクションより声優としてデビュー。
アニメ、外画吹き替え等の他、舞台俳優としても活躍。
繊細な感性と爆発的な表現力に評価が高い。

idenshi195旗揚げ以前から高橋作品に数多く出演。
『潮騒の祈り』では、2005年の初演と、2011年の再演時に主役の綾子を、2016年には母・和江を演じている。
言葉の楽譜の構成および表現方法を熟知していることから、2014年の文化放送主催公演より演出補、ボイスチューナーとしても活動を始める。

ボイストレーナーの青拓美氏、ヴォイススタジオインターナショナル(英/仏)のメンバーでもある演出家、ロラン・クルタン氏をはじめ、
その他演技コーチなどから学んだ発声・演技論から独自のメソッドを創作。
語り手ひとりひとりに対し、きめ細やかなボイスチューニングを行うことから、これまでの出演者や、ワークショップ参加者から厚い信頼を得ている。

◆主な出演作
〔舞台〕
Voice Festival to 2000『火の鳥〜鳳凰編〜』/ 中野サンプラザ(青二プロダクション30周年記念イベント)
ゲキバカ2011夏の陣『ごんべい』/吉祥寺シアター
はんなりラヂオ『はんなり☆夏語り2012』/恵比寿 エコー劇場
おおのの♪『先生と赤い金魚』/下北沢 シアター711

〔アニメ〕
『ヤッターマン』『ドラえもん』『サザエさん』『ちびまる子ちゃん』『ブラックジャック』他
〔外画〕
『ニキータ』『SEX AND THE CITY』『スター•ウォーズ/クローン•ウォーズ』『トム&ジェリー 夢のチョコレート工場』『チアーズ』『RAY』他


idenshi195(いでんしイチキュウゴ)とは、アニメ『聖闘士星矢 セインティア翔』『モノノ怪』『青の祓魔師』『スタミュ』などを手がけた脚本家、高橋郁子を主宰とする朗読劇ユニット。
独自の脚本[言葉の楽譜]と、語り手の「声」に宿る力を最大限に生かす演出で、立体的な朗読空間を創り上げる。
これまでに、文化放送主催公演にてオリジナル作『潮騒の祈り』、峠三吉の詩を原作とする『朗読 原爆詩集』、綾辻行人の小説を原作とする『眼球綺譚/再生』などを上演。[映像が視える朗読劇]として話題となる。
2019年より「朗読キネマ」として謳っていくことが決定。
言葉の楽譜による朗読劇の普及を目指し、プロデュース公演を続けている。

商標:
[言葉の楽譜]登録番号 第6232812号
[朗読キネマ]申請中    


言葉の楽譜を奏でた主な方々(五十音・敬称略)
紅日毬子・生田輝・甲斐田裕子・陰山真寿美・河合龍之介・KENN・こもだまり・沢城みゆき・津田健次郎・東野醒子・春名風花・柊瑠美・平田広明・槙尾ユウスケ・美斉津恵友・遊佐浩二・渡辺大輔

【概要】
■日程:2020年4月12日(日) (中止)
※詳細はタイムスケジュールを参照のこと

■会場:高円寺K’sスタジオ新館Aスタジオ
〒166‐0003 東京都杉並区高円寺南1-6-3 ISOビル4階
※東京メトロ丸の内線[東高円寺駅]徒歩1分。

■費用:12,000円(別途テキスト代800円)
*2019年度定期WSテキストをお持ちの方は、テキスト代不要

■定員:各組10名

《スケジュール》
●4月12日(日)
ーA組ー
13:15 開場
13:30-16:00

ーB組ー
17:15 開場
17:30-20:00

《ワーク内容》
・声と身体のメンテナンス

・言葉の楽譜を実践しながらのボイスチューニング

【参加資格】
・資格不問
・心身ともに健康な18歳以上の方

・既存の「朗読」の概念から自由になれる方
・「自分の語りによって観客の心を震わせたい」「自分の本来の声を知りたい」等、明確な目的がある方
※劇団・事務所に所属の方、及び未成年の方は、それぞれ事前に許可を取った上でお申し込み下さい。

【俳優(声優)の方へ特記事項】
・優秀者は今後の公演への出演オファーをさせていただく可能性があります。
・また11月公演の出演者オーディションにお申込の方は、一次審査を免除いたします。

【注意事項】
・途中入退室はできません。
・新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、体調が優れない方は参加をお控え下さい。
・記録のため稽古風景を撮影する可能性があります。こちらのデータは今後の宣伝活動に使用させていただきます。

氏名 (フルネーム)

フリガナ (フルネーム)

電話番号

Emailアドレス

年齢

参加希望枠

これまでの活動歴

所属事務所や劇団等(あれば)

idenshi195公演の観劇経験の有無(あれば公演名)

ワークショップを知ったきっかけ

参加の動機

送信いただいた後、自動返信メールをお送りします。
振込先や当日の詳細などは、3月23日(月)より順次、メールにてご案内いたします。


万一連絡がない場合は、正しく送信できていない可能性があります。
フリーメール、携帯キャリアのアドレスですと迷惑メールに振り分けられることが多いようです。
不明点がありましたら、受信設定をご確認の上、workshop1★idenshi195.com(★→@に変更して下さい)左記アドレスまで直接ご連絡下さい。