朗読キネマ『やわらかな鎖』-One Day Session-

想像力で溶け合う
静謐な朗読の世界

朗読キネマ
『やわらかな鎖』
-One Day Session-

作・演出:高橋郁子
音楽:ケンソラ

語り:
江幡朋子(リベルタ)
陰山真寿美(青二プロダクション/はんなりラヂオ
)

 

■あらすじ■
ゆりかごもおくるみもレース編みの靴下も。
全部、いもしない赤ん坊のため。
例え妄想でも、そこにあるお姉ちゃんの感情は本物なのだ。
傷が癒えるまで見守ろう。
できると思っていた、あの頃はまだ。
優しい振りして、塞いだ心。
それなのに、お姉ちゃんがこじ開けようとする。

2016年上演時、
「音楽のような言葉の重なりによって、姉妹の心の機微が痛いほどに伝わってくる」
「 命の重さ、繊細さをひとつひとつすくいあげるような美しい物語」
と好評を得た本作、今回はギターの即興演奏とともにお届けします。

■公演日時■
2019 年 4 月 29 日(月・祝)
14:00/17:30 (全 2 ステージ )
開場は開演の 30 分前

■料金■
予約 3,500円
当日 4,000円
(全席自由)※小学生以下の方の入場はご遠慮ください

■お申込み■
カルテットオンライン
https://www.quartet-online.net/ticket/kusari
受付開始 3 月 10 日(日)0:00 より

■会場■
両国門天ホール
墨田区両国 1-3-9 ムラサワビル 1-1 階
●JR「両国駅」西口より徒歩 5 分
●都営大江戸線「両国駅」A4、A5 出口より徒歩 10 分
●都営浅草線「東日本橋駅」より徒歩 10 分

■スタッフ■

ボイスチューナー:山下亜矢香
舞台監督:戸川翔太郎
宣伝美術:梅本恭子
制 作 : 三國谷花 (PATCH-WORKS)
企画協力:加藤日奈
企画製作:idenshi195
協力:青二プロダクション はんなりラヂオ リベルタ アーツビジョン 舞台芸術創造機関SAI 上畑正和 ホンマアキコ 石山千明

■お問い合せ■
【E-mail】 info★idenshi195.com (★を@に変えてお送り下さい)
【TEL】 080-5090-0195(公演当日のみ開通)

【 idenshi195 と は 】
idenshi195 とは、TV アニメ『聖闘士星矢 セインティア翔』、『モノノ怪』『図書館戦争』『スタミュ』、映画『アシュラ』などを手がけた脚本家、高橋郁子による朗読劇ユニット。 独自の脚本[言葉の楽譜]と、語り手の「声」に宿る力を最大限に生かす演出で、立体的な朗読空間を創り上げる。 これまでに、文化放送主催のオリジナル作『潮騒の祈り』、峠三吉の詩を原作とする『朗読原爆詩集』、綾辻行人の小説を原作とする『眼球綺譚/再生』を上演。[映像が視える朗読劇]として話題となる。
本公演より「朗読キネマ」として謳っていくことが決定。

やわらかな鎖(2016年上演版)